メル友サイトで効率的に出会えた私が実践した秘密の3か条

メル友サイトで効率的に出会えた私が実践した秘密の3か条

身近になったネット発の出会い

今はネットで出会うというのが当たり前のようになってきています。忙しいし異性が身近にいない人は、ネットを使うのが最効率です。しかし、中には所謂ハズレも混ざっています。ここでは、そうしたハズレを極力引かないために効果的なメル友(出会い系)サイトの使い方についてまとめてみました。

 

プロフィールをしっかりと書く

自分の趣味、性格、住んでいる所、どんな人と交際をしたいかはプロフィールにしっかりと書いておきましょう。ネットの世界だと、女性というだけで1日数十通メールが来ることもザラです。とても全部は相手にしていられないので、振り分ける必要が出てきますね。そんな時例えば趣味がインドア系とプロフに書いたのに、超アウトドア派の人からメールが入っても会話に悩むのがオチです。手当たり次第に出している手抜きメールを見分けるには、一番は「最後まで読んでくれたら、メール最後に○○と書いて入れてください」と書くことです。○○と書かれていないメールはこちらのプロフを大して読んでいないのが丸わかりです。そのため迷わずポイできるため、不要なメールの仕分け作業が非常に捗りますよ。

 

利用登録してすぐのメールには返信しない

女性がサイトに新規登録すると、たちまち男性から返信が来ることがあります。そのようにすぐさま来るメールは、無視に限ります。登録したての頃は、こちらもプロフが充実していないことが多いです。正式にログインしてから編集する必要があるためです。上で述べた通り、プロフなしの女の人に片っ端からメールを送る男性がどんな人かは、もうわかりますよね? 数打って釣れれば誰でもいいのです。詳細にプロフを記入してからそうしたメールを見てみると、とてもマッチングできそうにないなというほど趣味が違っていたり、地域が違っていたりしています。慣れないとこんなにメールが来て嬉しい! と思いますが、返信する前に男性からのメールがコピペっぽくないかよく吟味することをオススメします。

 

少しでも怪しいと思ったらブッチする

メールからの出会いは、相手について何も知らない所からスタートします。打ち解けていくと性格や嗜好についても深く知れるようになります。が、その過程で何か引っかかるものを感じた時はそれ以上のやり取りはやめておいた方が賢明です。一例としてはニート、ヘビースモーカー、ストーカー(DV)気質っぽい等です。何もない所で急に、コイツ怪しいぞなんて考えませんよね。そう思ったということは、何かしら相容れない要素を相手のメールから嗅ぎつけた証拠です。そして大抵の場合、コイツヤバいかも……と思った相手はその疑惑の通りだったりします。危ない目に遭う前にブッチしてしまいましょう。

 

危機管理をして、安全で楽しいネットマッチングを

以上、メル友(出会い系)サイトから来る男性の安全で効率的な選び方でした。詳細なプロフで男性をふるいにかけ、メールを始めても特に打ち解けるまでは警戒心を忘れないというのがポイントです。上記の3つのコツでどんどん仕分けされていく男性が多い中、残った一握りの男性はかなり誠実で真剣な交際が望める人と言ってもいいでしょう。安全に配慮して、素晴らしい男性を見つけられるといいですね。